【参加者インタビュー】業界のイメージが変わりました!

【参加者インタビュー】業界のイメージが変わりました!

「しがプロインターン」の魅力を、もっともっと伝えたい!
2020年7~8月開催の「しがプロインターン in summer」に参加した学生の皆さんにインタビューを行いました。

インターン参加のきっかけは?どんなことが印象的だった?
学生のリアルな体験談、ぜひご覧ください。

インタビューした人
参加学生:松田くん(滋賀県立大学3年)
実習先:長浜市・建築業の企業
インターン:1日のインターンに4〜5社 参加

参加したきっかけは?

これまで4〜5社インターンシップに参加しましたが、企業名や業界で選ぶことが多かったので、企業のことや業界の全体像を知ることしかできませんでした。
「しがプロインターン」では、自分で学び成長できる、何かを得たいと思って参加しました。マッチングしてもらえるとのことだったので、新しい業界の発見もできるかなと。

5日間で印象的だったことは?

【担当者の方の熱意が伝わってきた】
担当者の田中さんが、僕たちインターン生に「何かを得てもらおう」という想いがすごく伝わってきました!
これまで参加したインターンでは、たまに担当者の方が話しかけてくれるくらいでしたが、「しがプロインターン」では、田中さん、一緒にインターンに参加した仲間とじっくり向き合えました。みんなの熱量を感じて、僕も頑張らないと!とインターンに対する想いが高まりました
今度、インターンシップ生の仲間同士で、「田中さんお疲れ様会」を行おうと企んでいます。笑


【建築は、体より頭を動かす仕事】
あとは、土木・建設業に対するイメージがガラッと変わったことも大きかったです!
肉体的な仕事が多かったり体力がある人が働いていたり…というイメージでしたが、それだけじゃないことがわかりました。機械の導入を始めたり、人員を動かすマネジメント的な役割の人がいるなど、体より頭を動かす仕事なのでは?と気づきました

5日間で感じた「はたらく」とは?

はたらくっていうのは、「他の人を幸せにする、誰かに貢献する」っていうことなのかなと思い始めました。これは「しがプロインターン」から学んだことなのかなって。
普段目にすることが少ない業界の仕事も、回り回って誰かの役に立っていることに気づきました。

参加を迷っている人に、一言!

既にいきたい業界が決まっていても、自分がやりたいテーマで参加することで、自分の知らなかった業界や企業の選択肢が増えていくと思います。
また、滋賀県の良さ、地域の魅力に気づくことができるのも魅力の一つ。都市部もいいけど、あれ滋賀ってありかも?とまさに「灯台下暗し」だと思いました。笑
担当者の方も、「一つの選択肢になれば良い」といったスタンスで押し付けがないので、選択肢を増やすためににも気軽に参加してもらえたらなと思います!

お申し込みはこちらから!

「学生向けしがプロインターン」は、テーマとエリアで選ぶインターンシップ。
下記のボタンをクリックして、お申し込みください。

お申し込みはこちら!

お問い合わせ

しがプロインターン事務局(しがジョブパーク内)
担当:馬場/渕田/菅原
TEL:080-9608-2300(専用窓口)
Email:intern★shigajobpark.jp
(★を@にかえて下さい)

関連記事

  1. 工場見学、電気の配線体験

  2. 介護のお仕事1日体験

  3. ドローンで度量計算!建設業の工事現場を体験

  4. ロボット化!と人の役割を見る工場見学

  5. 【土曜受入れ歓迎】先輩スタッフと一緒に「1日現場見学」

  6. 福祉の職場にある魅力を見つけてみよう!