【しがプロインターン参加者インタビュー】「興味のあることがクリアに!」

【参加者インタビュー】興味のあることがクリアに!

「しがプロインターン」の魅力を、もっともっと伝えたい!
2020年7~8月開催の「しがプロインターン in summer」に参加した学生の皆さんにインタビューを行いました。

インターン参加のきっかけは?どんなことが印象的だった?
学生のリアルな体験談、ぜひご覧ください。

インタビューした人
参加学生:高橋さん(滋賀県立大学  3年)
実習先:大津市・製造業の企業
インターン:本インターンが初めて参加

参加したきっかけは?

フワッと「物づくりに関わりたい」とは思っていたものの、それでも「物づくり」ってすごく幅広くて…!
ナビサイトを見てみたのですが、幅が広すぎたり情報が多過ぎたりして、何が良いのか分からなかったんです。
だから、テーマでマッチングする方法なら、選びきれない私でも参加できるかなと感じました。

5日間で印象的だったことは?

【考えをまとめる経験に】
インターンでの気づきやアイデアを、プレゼンにまとめることが大変でした…!5日間の情報量がとにかく多くて、それをどうまとめるかすごく悩みました。
最終日はプレゼン直前まで、インターン生3人の意見が入った内容になるよう話し合いました。プレゼンでは、社員さんだけではなく、社長や工場長も来てくださり、発表を真剣に聞いてくださって嬉しかったです!

【社長とのお話からアイデア会議?!】
また、プレゼン後に社長から質問をいただいたことも印象に残っています。「これから会社をどうやってよくしたら良いと思う?」「黒鉛の新しい使い道として何か思いつきますか?」という質問から、製品を何に活用できるかのアイデア会議に発展
私たちインターン生がその場で思いついたアイデアに対して、「こんな使い方ならできそうだね」「こういう観点から難しそう」とひとつ一つ受け止めてくださいました
社長が持っておられる知識の幅広さや、視点の切り替えにも驚きましたが、何よりもフラットに接してくださる温かさや関係性が素敵だなと感じました!

5日間で感じた「はたらく」とは?

「人との繋がりを大切にし、考えながら仕事をすること」だと思います。温かいコミュニケーションやフラットな関係性があってこそ、仕事ができるのだと、この5日間で感じました。
話を聞くときは頷くことや、意見に対して否定しないようする、といった小さな気配りをこれからも意識していきたいです。

参加を迷っている人に、一言!

私は「しがプロ」に参加して「やっぱり物づくりに関わりたい」と再認識することができました。フワッと思っている「やってみたいこと・興味あること」が、リアルに仕事として想像できるきっかけになりました。
とりあえず、インターン参加しようかなと思っている人には、「しがプロ」がおすすめです!インターンに参加する第一歩として、参加して欲しいと思います。

お問い合わせ

しがプロインターン事務局(しがジョブパーク内)
TEL:080-9608-2300(専用窓口)
Email:intern★shigajobpark.jp
(★を@にかえて下さい)

関連記事

  1. マザーレイク株式会社

  2. 新生化学工業株式会社

  3. 株式会社テリオス

  4. 株式会社デジタルガーデンシステム

  5. 株式会社マルゴ

  6. 株式会社丹羽由砕石