【参加者インタビュー】就活がポジティブに感じました!

【参加者インタビュー】就活がポジティブに感じました!

「しがプロインターン」の魅力を、もっともっと伝えたい!
2020年7~8月開催の「しがプロインターン in summer」に参加した学生の皆さんにインタビューを行いました。

インターン参加のきっかけは?どんなことが印象的だった?
学生のリアルな体験談、ぜひご覧ください。

インタビューした人
参加学生:伊藤さん(滋賀県立大学3年)
実習先:東近江市・製造業の企業
インターン:1日のインターンに4〜5社 参加

参加したきっかけは?

不動産、福祉施設、医療商社と幅広くインターンには参加していましたが、どこも京都や大阪の会社ばかり。
本当は滋賀で働きたいなあと思っていたので、県内でインターンに参加できることが申込みの決め手でした!
でも、全然知らない業界・企業にマッチングが決まったので、インターン当日まで「私がこの企業さんに行って良いのか…」と不安でした。

5日間で印象的だったことは?

【来てくれることがプラス】
初日に宮川社長から、「うちに入社して欲しいというより、就職活動の気づきや経験になればと思っている。インターンシップ生が来てくれることで会社にもプラスになる」と言っていただいたことが嬉しくて。私は、迷惑になるんじゃないかな?って思ってたので、すごく安心できました。

 

【就活も働くこともポジティブなこと】
特に印象に残っているのは、社員さんにインタビューした時のこと。
お話を聞くなかで、社員の方が「仕事が好き」「ものづくりが好き」という思いを持っておられることを知りました。
私自身、就職活動に対する不安がすごく強くて、勤めたらブラック企業なんじゃないかっとビクビクしていました。でも、実際、ちゃんと会社を選んだらブラック企業に勤めることもないし、ちゃんと就職活動することで自分の将来がよくなることに気づいたんです。自分の未来のために、就職活動をしていきたいとポジティブに思えました。

5日間で感じた「はたらく」とは?

就職活動でも働く上でも「迷ったらとりあえずやってみる」ことが大事だなと感じました。
インターンに行こうかな、でも怖いしな、と悩む気持ちも分かるのですが、でもそう思っているぐらいなら、とりあえず行ってみる。
行ったこと、勇気出したことに意味があるのかなと思います。やってみたら、そこからまた次にいけると思うので。

参加を迷っている人に、一言!

「しがプロインターン」に行ってから、働くということに対しての考えが本当に変わりました就職活動も気が楽になったというか。笑

早めからインターンには参加することで、「何もできてない、インターンに行ってない」という焦りも無くなるし、何よりも、余裕を持てる。自分に自信をもつために、ぜひ参加してほしいなあと思います!

お申し込みはこちらから!

「学生向けしがプロインターン」は、テーマとエリアで選ぶインターンシップ。
下記のボタンをクリックして、お申し込みください。

お申し込みはこちら!

お問い合わせ

しがプロインターン事務局(しがジョブパーク内)
担当:馬場/渕田/菅原
TEL:080-9608-2300(専用窓口)
Email:intern★shigajobpark.jp
(★を@にかえて下さい)

関連記事

  1. 【参加者インタビュー】「興味のあることがクリアに!」

  2. 福祉の職場にある魅力を見つけてみよう!

  3. 介護のお仕事1日体験

  4. 【参加者インタビュー】業界のイメージが変わりました!

  5. 工場見学、電気の配線体験

  6. PLCプログラミング体験